第29回学術研究発表大会のお知らせ

概要

第29回地理情報システム学会研究発表大会は,10月23日(金)~25日(日) に,オンラインで開催いたします.
企画セッション・研究発表(講演およびポスター)については,下記の日程で受付をします.なお,機器展示と懇親会は中止とします.

プログラム

0924概要
0924口頭発表
1002ポスター発表
ハンズオンセッション ※各自、申込が必要です
企画セッション

申込スケジュール

企画セッション
申込期限 7月15日(水)正午まで
研究発表(講演・ポスター)
発表申込 @ EasyChair
論文原稿PDFのアップロード @ EasyChair

ポスター原稿PDF、ポスターセッション用zoomリンク、紹介動画(動画の提出は任意です)@EasyChair ポスター制作、開催方法のご案内 ポスターデータ提出用フォーム
7月1日(水)~7月15日(水)正午まで
7月1日(水)~8月31日(月)正午まで

10月1日(木)~10月16日(金)正午まで

発表料

正会員/賛助会員 4,000円 
学生会員 3,000円
非会員(一般および大学生以上) 7,000円
高校生以下、70歳以上は無料
(一般、大学院生以外の非会員は、必ず学生証または年齢証明できるものをご呈示ください)
発表料が必要なのは、「発表者のみ」です。
振込先:みずほ銀行 本郷支店 (普通) 2740453 シヤ)チリジヨウホウシステムガッカイ

発表者登録・聴講者登録フォームについて

発表者、聴講を希望するかたは、必ず下記のフォームよりお申込みください


口頭およびポスター発表者(第1著者)の参加登録(終了しました)
聴講希望者の参加登録(終了しました)

企画セッション

シンポジウム,ワークショップ,ハンズオンセッション,チュートリアルセッション,GIS技術紹介セッションなど,特に形式は問いません.
1セッション[1時間40分] を単位とし,複数セッションにまたがることも可能です.
個人会員・賛助会員が,セッション企画を提案いただけます.特に,各分科会の成果発表を行うまたとない機会ですので,積極的な企画提案をお願いいたします.

申込方法

受付期間:    7月15日(水)正午まで (終了しました)
申込先:        井上大会実行委員長宛 (rinoue@tohoku.ac.jp)
申込要領:    下記の情報をメールでお知らせください.
  1. セッション企画名
  2. 種類(シンポジウム,ワークショップ,ハンズオンセッションなど)
  3. 代表者の氏名,所属,メールアドレス
  4. 概要(400字程度)
  5. 必要セッション数
  6. 必要機材(PCなど)
  7. 想定出席者数
発表可否は,7月31日(金)までにメールでご連絡致します.

研究発表

講演発表ポスター発表があります.投稿された論文ファイルは,大会webで公開します.
なお,今年度は講演発表・ポスター発表を重複して行うことはできません.
  • 講演発表
    地理情報システムに関する理論研究・応用研究の成果で,原則として未発表のものに限ります.また,独創性・完結性がないものの発表は認めません.論文提出が必要です.(持ち時間は一人につき、発表15分+質疑5分の合計20分です)
  • ポスター発表
    研究形成段階の討論や調査・活動報告などでも結構です.自由で活発な情報交換の場としてご活用下さい.論文提出は任意です.大会Webページへのポスターの掲載,ポスター紹介ビデオへのリンク,コアタイムにおけるオンライン会議ツールを活用した質疑応答を予定しています.10/1-10/16の正午までに,EasyChairポスターデータ提出用フォームよりPDFファイルをご提出ください.①ポスターPDF ②ポスターセッション用Zoomリンク ③ポスター紹介ビデオ(ビデオ提出は任意です.時間は1分間を推奨)  ⇒ ポスター制作,開催方法のご案内 ⇒ ポスターデータ提出用フォーム
講演発表・ポスター発表共に,商業宣伝的な内容は認めません.企画セッションにお申し込み下さい.
 
なお,2015年度より,講演発表・ポスター発表の発表者(第一著者)に,測量系CPD学習プログラムのポイントが付与されます. 大会で発表した場合,(1)「GIS上級技術者」への申請や,(2)「測量系CPD学習プログラム」への登録が可能です.希望者は大会終了後の当該年度内に,事務局に氏名と発表論題をお申し出ください.

応募資格

  1. どなたでも発表できます.ただし,発表者または共同研究者(連名者)のうち,少なくとも1名は学会の個人会員(正会員または学生会員)でなければなりません.また,賛助会員は,1口につき個人会員1名分の発表資格を有するものとみなします.
  2. 発表者となるのは,賛助会員枠を含めても1名につき1題に限ります.ただし,以下の場合は,発表の重複が認められます.
    • 複数の発表について共同研究者(連名者)となること.
    • 通常セッションと特別セッションの両方で発表を行うこと.
  3. 指定日時に発表できること.発表日時の指定は受け付けません.
  4. 会員は,2020年度までの年会費完納者であること.

 

発表申込手続き

1. アブストラクトの提出
受付期間: 7月1日(水)~15日(水)正午(必着)(終了しました)
EasyChair < https://easychair.org/conferences/?conf=gisa2020 >で申込を行って下さい.
※ EasyChairの利用方法は,説明書をご覧下さい.
※ 記入された氏名・論題が,大会Webに掲載されます.受付期間終了後の修正は一切受け付けませんので,予めご了承下さい.
発表の可否は,7月31日(金)までに学会Webページに掲載されるプログラム(予定)にてご確認下さい.個別のご連絡は行いません.

講演論文集用原稿の提出
受付期間: 7月1日(水)~8月31日(月)正午(必着)(終了しました)

発表論文原稿(PDF)をEasyChairにアップロードして下さい.

作成要領は本テンプレートファイルをご活用下さい.なお,本年度より「GIS-理論と応用」の書式に統一し,ページ数を4ページ以上10ページ以下とします.

  • 受付期間外に提出された原稿は一切受け付けられません.発表を取り消させて頂きますので,予めご了承下さい.
  • 使用言語は日本語または英語とします.
  • 発表者に連絡がつきにくい可能性がある場合は,申込の際に確実な連絡先も明記して下さい.原稿の不備等で連絡を差し上げる場合があります.
  • 発表原稿の編集・出版の権利は,地理情報システム学会に帰属します.

第16回大会優秀発表賞

学生会員の発表レベル向上を図るため,本年度も「大会優秀発表賞」を設けます.以下の条件を満たす方が審査の対象です.
  • 本学会の学生会員であること(2020年7月15日までに事務局に入会届が到着した方を含みます.ただし,2020年度までの年会費完納者)
  • 修士号未取得であること
  • 講演の発表者であること
研究(論文)内容や発表技術の優秀者からセッション司会者が受賞候補者を推薦し,学会賞委員会の中に設置される大会発表賞小委員会の議論を経て受賞者を決定します.受賞者数は特に定めません.
受賞者には賞状を後日送付し,GISAニューズレター116号に氏名と所属を公表します.また,『GIS-理論と応用』Vol.28, No.2に発表要旨を掲載(モノクロ印刷のみ)します.受賞者は11月13日(金)までにA4用紙1枚の原稿提出にご協力下さい.

第9回ポスターセッション賞

ポスターセッションでの議論の活性化を図るため,本年度も「ポスターセッション賞」を設けます.ポスターセッション参加者全員が審査の対象です.審査方法は,郵送(事前登録)でお渡しする審査用紙をご覧下さい.
受賞者には賞状を後日送付し,GISAニューズレター116号に氏名と所属を公表します.また,『GIS-理論と応用』Vol.28, No.2に発表要旨を掲載(モノクロ印刷のみ)します.受賞者は11月13日(金)までにA4用紙1枚の原稿提出にご協力下さい.

過去の研究発表大会

 

PAGE TOP

学会誌

表紙イメージ:GIS-理論と応用地理情報システム学会では,論文集 『GIS-理論と応用』 や学術大会の梗概集などを発行しています.

学会事務局
〒113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル4階
地理情報システム学会事務局 [Tel&Fax] 03-5689-7955
[E-mail] office@gisa-japan.org