What's New

GIS関連セッションへのご案内

2010 Jan 07 イベント

GISAでは,5月に幕張で開かれる日本地球惑星科学連合2010年大会において,
「GIS」(英語)および「地理情報システム」(日本語)の2つのセッションを
行います.従来は「GIS」という1つのセッションのみを行っていましたが,日
本地球惑星科学連合が英語で行われる国際セッションの開催を推奨しているた
め,本年から英語と日本語のセッションの2つを行うことになりました.2つの
セッションを共に活性化させることは,GISAの存在をアピールし,日本の地球
惑星科学の中でGISを発展させていくために重要です.会員の皆さまには,ぜひ
積極的な発表をお願い申し上げます.予稿原稿の投稿が1/12より始まりますの
で,ご投稿をよろしくお願い申し上げます.なお,留学生を含む身近な方に
も,情報を流していただけると助かります.
とくに英語の「GIS」セッションは,JpGU Meeting 2010 International
Sessions の一部として,国際学会発表としての扱いになる点をアピールしてい
ただければと思います.

****************************
日本地球惑星科学連合2010年大会
会期:2010年5月23日(日)~28日(金)
(「GIS」および「地理情報システム」セッションの開催日は,2~3月にプロ
グラム委員会において調整の上決定)
会場:幕張メッセ国際会議場(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)
予稿原稿投稿期間:2010/01/12-02/05 正午12:00 (早期締切 01/29 17:00)
早期参加登録期間:2010/01/12-04/09 23:59
関連ホームページ:http://www.jpgu.org/meeting/index.htm

<GISA英語セッション>
分野:地球人間圏科学(H)
セッション小記号 計測技術・研究手法(TT)
H-TT031   「GIS」
コンビーナー:小口 高,村山祐司,柴崎亮介
発表形式:口頭およびポスター
概要:This session discusses various methods which acquire, store,
analyze and visualize spatial data, and presents the outcomes of
empirical studies using GIS. The session also deals with applications
of digital data and GIS to various fields.  All presentations and
discussion of this session are made in English.

<GISA日本語セッション>
分野:地球人間圏科学(H)
セッション小記号 計測技術・研究手法(TT)
H-TT032   「地理情報システム」
コンビーナー:小口 高,村山祐司,柴崎亮介
発表形式:口頭およびポスター
概要:地表で展開されている自然・人文現象に関するデジタル空間データを取
得,加工,蓄積,分析,可視化するための汎用的な理論と方法を検討する.ま
た,デジタル空間データとGISを用いた実証研究の成果を発表する.対象を広く
設定しているので,GISに関連する隣接諸分野の研究の発表も歓迎する.また,
純粋科学的な課題のみならず,教育や社会におけるGISの活用といった応用的な
課題も取り上げる.本セッションは日本語で行う.

<1月28日訂正>
1月7日公開済み上記記事上の日本語セッション番号に誤りがございました。
お詫びして訂正させていただきます。
<正>H-TT032   「地理情報システム」 (→日本語セッション番号)
<誤>H-TT031    (→英語セッション番号)
なお、上記本文は訂正済みです。

What's New 一覧に戻る

PAGE TOP

学会誌

表紙イメージ:GIS-理論と応用地理情報システム学会では,論文集 『GIS-理論と応用』 や学術大会の梗概集などを発行しています.

学会事務局
〒113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル4階
地理情報システム学会事務局 [Tel&Fax] 03-5689-7955
[E-mail] office@gisa-japan.org