What's New

消防防災科学技術研究推進制度平成22年度研究開発課題の募集

2010 Jan 18 公募

概要・分野:消防庁
消防防災科学技術研究推進制度
平成22年度研究開発課題の募集
1.対象となる研究開発
消防防災に係る課題の解決にとって、実用的な意義が大きいものであり、かつ、消防
防災への波及効果が具体的に想定される、科学技術(自然科学及び人文・社会科学)を
利活用した研究開発を対象とし、以下のとおり区分しています。
⑴ 現場ニーズ対応型研究開発
消防防災活動や予防業務等における消防機関のニーズを反映した、特に緊急性や迅
速性が求められる課題に関する研究開発(原則として民間企業及び消防機関の参画の
必須条件とします。)
⑵ テーマ設定型研究開発
消防庁があらかじめ設定した消防防災活動に資する研究開発テーマに関する研究開
発のうち、資機材等の開発や手法(システム)の開発(原則として民間企業及び消防
機関の参画の必須条件とします。)
⑶ その他消防防災分野を対象とする研究開発
上記⑴及び⑵以外のもの
2.研究実施期間
平成22年度を始期とする1年間、2年間又は3年間
3.研究費の額
⑴ 直接経費で、年間100万円以上400万円を上限とする額(A区分)
⑵ 直接経費で、年間400万円を超え2,000万円を上限とする額(B区分)
4.募集期間
平成22年1月12日(火)~平成22年2月12日(金)16時30分まで
5.公募要領及び申請書類等
公募要領及び申請書類等は消防庁のホームページにて公開します。
6.その他(昨年度との変更点)
⑴ テーマ設定型研究開発について、新たに2課題を設定しました。(詳細については、
ホームページ http://www.fdma.go.jp/ を参照してください。)
【担当】
消防庁予防課消防技術政策室
安藤、西本
TEL 03-5253-7541(直通)
FAX 03-5253-7533
e-mail s.nishimoto@soumu.go.jp
「消防防災科学技術研究推進制度」は、消防防災科学技術の振興を図り、安心・安
全に暮らせる社会の実現に資する研究を、提案公募の形式により幅広く募り、優秀な
提案に対して研究委託し、より革新的かつ実用的な技術へ育成するための制度です。
平成22年度消防防災科学技術研究推進制度の研究開発課題の募集を以下のとお
り行いますのでお知らせします。

機関名:総務省消防庁
受付期間:~2010年2月12日(金)16:30
詳細情報:こちらをご参照ください。

What's New 一覧に戻る

PAGE TOP

学会誌

表紙イメージ:GIS-理論と応用地理情報システム学会では,論文集 『GIS-理論と応用』 や学術大会の梗概集などを発行しています.

学会事務局
〒113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル4階
地理情報システム学会事務局 [Tel&Fax] 03-5689-7955
[E-mail] office@gisa-japan.org